オゾン発生装置とは

オゾン発生装置とは

オゾン発生装置とは


オゾン発生装置とは、読んで字のごとく、「オゾン(O3)」を発生させる装置である。巷では、「オゾン発生装置」の他にも、「オゾン発生器」や「オゾン脱臭機」などと呼ばれたりもしている。これらはすべて同じものである。ちなみに「消臭器」というものがあるが、これはオゾン発生装置とは別物であることが多い。
 
オゾンの基礎知識では、ひと通りのオゾンに関する知識を知ってもらったと思ううから、ここでは、そのオゾンを発生させる装置、つまり、オゾン発生装置について説明していこう。
 

オゾン発生装置の基礎知識

オゾン発生装置は、「家庭用」「業務用」「産業用」と実にさまざまな製品がある。それぞれの違いは主にオゾンの生成量だ。また、オゾンの生成量は、家庭用<業務用<産業用となることはいうまでもない。価格もピンキリだが、一般的にはオゾンの生成量に比例して価格も高くなる。
 
オゾン発生装置を選ぶときは、「オゾン発生装置の賢い選び方」の中でも説明しているように、空間の広さや、有人環境なのか、無人環境での使用なのか等、用途に適した機種を選ぶことが大事だ。
 

オゾン発生装置の仕組み

オゾン発生方式は大別すると無声放電方式、電気分解方式、紫外線ランプ方式等がある。工業的用途で最も一般的な方法は無声放電方式だといえる。ここでは小難しいことは抜きにして、「放電現象により発生する電子によって酸素がオゾンに変換される」と考えてほしい。放電現象により発生する電子によって酸素がオゾンに変換され、そのオゾンが機体のファンやチューブで外部に放出・拡散されるという流れだ。
 

その効果はいかに!?

殺菌や消毒効果はもちろんだが、特に脱臭効果は他に類をみない効果である。
 
殺菌や消毒については、薬品を使ってもいいのであれば、他に代わるものもあるが、脱臭についてはオゾンの他に代わるものはないだろう。消臭剤や芳香剤はたとえ業務用のものであったとしても、根本的な解決をするものではない。オゾンはその強い酸化力によって悪臭成分のもとから分解してニオイの原因を断つ。そのため、悪臭問題が根本的に解決されるので、効果はてきめんといえる。長期間にわたって悪臭問題に悩まされていた人ほど、オゾン脱臭作業後は「えっ、嘘でしょ」とまるで信じられないような顔をする。
 
最近、空気清浄機で脱臭機能をアピールした製品が数多く発売されている。それは空気清浄機メーカーが「脱臭」という顧客ニーズを知っているからといえるが、空気清浄機のハイグレードモデルに付いているような脱臭機能であっても、それはオゾン発生装置の脱臭方式とは異なり、効果は雲泥の差だ。ここ数年、ペットやタバコのニオイ、あるいは海外の方々の体臭や香水臭などを空気清浄機の脱臭機能で一度は脱臭を試みるが結局どうにもならずギブアップということで受ける依頼が増えている。もちろん、オゾン発生装置を現場に持ち込んで脱臭作業をすればそのような問題も解決される。
 

オゾン発生装置のメンテンナンス

オゾン発生装置のメンテナンスについては、機種によって異なる。中には、「メンテナンスフリー」などと謳っている商品もあるが、オゾン発生装置という構造上、放電部を定期的に拭き取る程度の作業は必要だろう。たとえ、「メンテンナンスフリー」を謳っていても、放電部は汚れる。その汚れを放置したまま使用することはできても製品本来の能力は発揮できなくなり、劣化も早くなるのが普通だ。また、自分でメンテンナンスできないほど複雑なメンテが必要な場合、「メンテは(有料で)うちにおまかせください」などとしているメーカーもあるが、こちらとしてはメンテで定期的に出費があるのはなかなか痛い。だから、私は、「自分でたまに放電部をさっと拭く程度」のメンテで済むような製品をおすすめする。
 
オゾン発生装置の賢い選び方